スポンサーリンク

マイナンバーカードの申請は思ったより簡単

この記事は約4分で読めます。

マイナンバーカードとは

マイナンバーカードとは、個人番号カードとも言います。カードのおもて面には、本人の顔写真と氏名、住所、生年月日、性別が記載されています。カードの裏面には、マイナンバーが記載されています。

マイナンバーとは、日本国内の全住民に指定・指示されている12桁の番号です。番号法に定められた社会保障、税、災害対策分野の事務手続きに利用されます。

マイナンバーカードの普及率は、全国平均16.8%(2020年6月1日現在)となっています。

マイナンバーの通知カードの注意点

通知カードは、平成27年10月中旬以降、住民票をもつ、すべての住民に対して、簡易簡易書留で届けられたものです。

通知カードには、マイナンバー、住所、氏名、生年月日、性別等が記載されているものです。通知カードと、マイナンバーカードとは異なります。

通知カードについては、令和2年5月25日で廃止となります。

通知カードに記載された氏名・住所等の情報が住民票の情報と一致している場合に限り、引き続きマイナンバーを証明する書類として使用できます。

記載内容に変更がある場合には、マイナンバーを証明する書類とはなりません。

マイナンバーカードの申請方法

主な申請方法として、スマホ申請、郵送申請のやり方があります。

スマホ申請は、交付申請書のQRコードをスマホで読み込んで、

  • 申請書ID(半角数字23桁)
  • メール連絡用氏名
  • メールアドレス

を記入すると、今後の手続きをするサイトへのURLが送られてきます。顔写真を登録して、生年月日を入力し、電子証明書を発行するかどうか選んで登録します。

郵送申請は、交付申請書に必要事項を記入するだけです。顔写真は、事前に準備しておきましょう。

  • おもてには、氏名、住所、電話番号を記入する。
  • うらには、申請日と申請者氏名と捺印を記入、顔写真を貼り付けて投函するだけです。

送付用封筒は、下記リンクからダウンロードして使います。

送付用封筒ダウンロードへ

注意点

■署名用電子証明書
■利用者証明用電子証明書
e-Tax等の電子申請、マイナポータルへのログイン、コンビニ交付サービスなど、多様なサービスの提供を受けるために必要なものです。
□を塗りつぶすと、電子証明書が発行されません。

マイナンバーカードの受け取り

交付通知が届きましたら、役所へ受け取りにいきます。受け取り時間を事前に予約しておく必要があります。

持ち物は、

  1. 交付通知書
  2. 本人確認書類
  3. 通知カード(持っている方)

となります。

持ち物の他に、署名用電子証明書と利用者証明用電子証明書の2つの暗証番号を事前に考えておくこと。

役所では、交付通知書と通知カードを渡します。身分確認のための本人確認書類を見せます。そのあと、事前に考えておいた2つの暗証番号を端末に入力します。

メリットとデメリット

メリット

各種行政手続のオンライン申請

本人確認の際の身分証明書

運転免許証を持っている方は、いいのですが、運転免許証がない方もいます。運転免許証のかわりになるので、とても便利です。

通知カードは、身分証明書として利用することができません。

コンビニなどで各種証明書の取得

  • 住民票の写し
  • 印鑑登録証明書
  • 住民票記載事項証明書
  • 各種税証明書
  • 戸籍証明書
  • 戸籍の附票の写し

マイナポイント

2020年秋、マイナンバーを登録して、キャッシュレス決済サービスを使用すると、マイナポイント が獲得できます。 

チャージや決済によって「マイナポイント」を受け取ることができる仕組み。還元率は25%、還元金額は5,000円が上限であり、2020年7月1日に申し込みが開始された。9月1日以降のチャージ・買い物が付与の対象であり、2021年3月まで実施される予定

健康保険証(2021年3月より)

  • 限度額適用認定証の申請が不要
  • 転職などで一時的に保険証が発行されていない状態でも、マイナンバーカードで代替
  • マイナポータルで、処方された薬の情報をチェックできるようになる。
  • マイナポータルとe-TAXの連携で、医療費の領収書を管理しなくてもよくなる。

マイナンバーカードで保険証申込みサイトへ

デメリット

マイナンバーカードの紛失による情報の漏洩

マイナンバーカード更新忘れ

まとめ

通知カードは、令和2年5月25日に廃止となりました。これを機会にマイナンバーカードを申請することを考えましょう。

マイナンバーカードの申請は、スマホを利用すれば、5分程度でできます。

マイナンバーカードが身分証になったり、証明書の取得が便利になります。

タイトルとURLをコピーしました