スポンサーリンク

地震保険の改訂により保険料10%値上げ

地震保険は、2021年1月1日(令和3年)に制度の見直しが実施され、2021年1月1日以降に地震保険期間が開始する契約から、改訂内容が適用される。現在、保険期間にある契約は、対象外となっています。

地震保険の改訂内容

都道府県イ構造ロ構造
改訂前改定後改訂率改訂前改訂後改訂率
岩手県、秋田県、山形県、栃木県
群馬県、富山県、石川県、福井県
長野県、滋賀県、鳥取県、島根県
岡山県、広島県、山口県、福岡県
佐賀県、長崎県、熊本県、鹿児島県
7,1007,400+4.2%11,60012,300+6.0%
福島県8,5009,700+14.1%17,00019,500+14.7%
北海道、青森県、新潟県、岐阜県
京都府、兵庫県、奈良県
7,8007,400▲5.1%13,50012,300▲8.9%
宮城県、山梨県、香川県、大分県
宮崎県、沖縄県
10,70011,800+10.3%19,70021,200+7.6%
愛媛県12,00011,800▲1.7%22,40021,200▲5.4%
大阪府12,60011,800▲6.3%22,40021,200▲5.4%
茨城県15,50017,700+14.2%32,00036,600+14.4%
徳島県、高知県15,50017,700+14.2%36,50041,800+14.5%
埼玉県17,80020,400+14.6%32,00036,600+14.4%
愛知県、三重県、和歌山県14,40011,800▲18.1%24,70021,200▲14.2%
千葉県、東京都、神奈川県、静岡県25,00027,500+10.0%38,90042,200+8.5%

東北地方の地震の影響で地震保険料の改定がありました。不思議なのは、福島県が安い。大阪などの近畿地方の保険料が安くなっていますね。確か、大阪は、地震があったのは?。千葉県、東京都、神奈川県、静岡県は、近年地震もないのに、保険料が上がってきます。

長期係数の改訂

地震保険期間2年3年4年5年
現在1.902.803.704.60
改訂後1.902.853.754.65

長期係数とは、2年以上の保険期間で加入した時、保険料が割引される率です。2年では、1割安くなるということです。この改訂で、5%保険料が上がります。

地震保険料の試算

改定前後での地震保険料を計算してみましょう。

前提条件 イ構造 東京 保険期間5年
改訂前 25,000円✖️4.6 =115,000円
改定後 27,500円✖️4.65=127,875円 12,875円の値上げ

まとめ

地震保険料が2021年1月より値上げされました。地震保険料は、今後値上げされていくと思われます。果たして、地震保険は、必要でしょうか?

地震保険では、火災保険の50%しか保証されません。保険金だけでは全壊した建物を再築する、再購入することはできません。被災者生活再建支援制度では、とても足りません。

支援金は、「基礎支援金」として全壊世帯に100万円、大規模半壊世帯に50万円が支給され、この額に、「加算支援金」として住宅を建設・購入する場合は200万円、補修する場合は100万円、賃借する場合は50万円がそれぞれ加算される仕組み(金額はいずれも世帯人数が複数の場合、単数世帯は各3/4相当の金額)となっております。

住宅ローンの残債が多い、現預金などの他の資産が少ない人は、やはり、地震保険を検討に入れておく必要があります。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました