スポンサーリンク

火災保険更新その2「申込しました」

この記事は約2分で読めます。

前回の記事「火災保険の更新」において、保険料が大幅アップしたため、保険会社の変更、水災を外すことに決めました。

前回の記事

その後、検討を重ねて、最終加入条件にて、火災保険の申込しました。

最終の加入条件

保険期間5年間
保険金額(建物)2,300万円
保険金額(家財)500万円
地震保険建物1,150万円
家財250万円
地震保険割引10%
火災、落雷、破裂・爆発補償あり
風災、ひょう災、雪災補償あり
水災補償無し
水漏れ、外部からの物体衝突補償あり
破損・汚損損害等補償特約補償無し
類焼損害・失火見舞費用補償特約補償あり
個人賠償責任補償特約補償無し
臨時費用保険金補償特約補償無し
赤太字:更新時の変更箇所

保険会社については、ネット保険に変更、水災を外し、家財500万円の補償を追加しました。ネット保険に変更したのは、今加入している保険会社より安かったから。水災を外したのは、水災が起こるような場所に住んでいないから。もし、我が家が床上浸水するとすれば、町の半分が、水の底となる。

最後に家財補償を追加したのは、火災保険で家が建っても、生活するための備品は、必要となることに気がついたからです。老後生活では、まとまったお金を準備できないそうもありません。

悩んだのは、家財保険金額です。保険金額を高ければ、高いほど安心しますが、保険料が高額になります。たとえば、1,000万円の保険に加入していても、被害に応じた額しか保険料が支払われません。保険料の払い損になりかねません。

そこで、家電、家具、他生活に必要なものを書き出し、積み上げてみました。その結果、500万円あれば、なんとかなりそうなことがわかりました。

老後に向けて、持ち物を減らすことがいいことをあらためて感じました。

最終保険料まとめ

今後5年間の火災保険・地震保険の保険料は、256,127円となりました。今加入している保険会社の更新と同じ保険料で、家財500万円をつけることができました。

保険会社水災家財保険料
既存保険会社なしなし256,130円
ネット保険なしあり256,127円

年間51,225円、バカになりませんね。家が火事になる確率は、0.03%だそうです。ゼロではないので、保険に入らざるを得ませんね。

タイトルとURLをコピーしました