スポンサーリンク

お葬式にかかる費用約200万円

この記事は約3分で読めます。

先日、身内の葬式に参列した。最近は、家族葬が多くなり、参列者も、親族だけとなってきている。規模は、小さくなってきて、費用も減っているが、それに合わせて、香典も減っていて、持ち出しも多いと聞く。

老後に考えておくべき葬式は、親、本人であろう。特に本人の場合、自分の葬式ができないのため、残された人たちに迷惑がかからないように、最低限のお金は、準備したいものだ。

誰もが関わってくる人生最後のお金の問題、自分が亡くなると、いくらかかるだろうか。

病院

死亡診断書 

死亡診断書は、臨終に立ち会った医師や死亡を確認した医師などから交付をしてもらいます。
費用は、5万円から10万円程度です。

死体検案書

死体検案書は、検死を行った監察医や警察に委託された医師が作成します。
費用は、3万円〜10万円程度です。

死体検案書は、死亡後の検案代や遺体を入れる納体袋の料金がかかるため高額になる傾向にあります。

遺体搬送

病院で亡くなった場合、遺体を自宅や斎場まで輸送します。葬祭業者が行います。搬送だけ、葬儀すべてを依頼することができます。
搬送費用は、10kmまで1万2千円から2万円程度です。
また、早朝及び深夜は昼間より割高になります。

葬儀

寺院などに要する費用

仏式では、戒名料、読経のお礼、御車代、御膳料など

信士・信女 戒名10万円〜 回向料25万円〜 
居士・大姉 戒名25万円〜 回向料25万円〜
御車代2万円くらい
御膳料1万円くらい(ふりまい料理辞退時)
僧侶1名につき10万円くらい

葬儀社に支払う主な費用

祭壇一式、棺一式、仏衣一式
ドラアイス
遺体保管費用(葬儀まで預かってもらう場合)
遺影一式、枕飾り一式、式の司会進行、式場設営、撤収
車両、通信費、受付用品、焼香用品、祭壇用供物
火葬場の手配、後飾りの設営、会葬令状
霊柩車、マイクロバスなどの手配、通夜ぶるまいなどの料理
死亡届、死体火葬許可証交付申請書の代行

費用は、125万円程度

最近は、減少傾向、小さな葬儀が主流となってきている。

  • 家族葬(50万円〜100万円)
  • 1日葬(30万円〜80万円)
  • 直葬(20万円〜30万円)

心づけ

寝台車、霊柩車の運転手、民営火葬場の係員などに、ご遺体をていねいに扱っていただいたお礼という意味での慣例です。地域によって異なるため、葬儀社のアドバイスを受けるましょう。

  • 運転手 3千円〜5千円
  • 火葬場係員 3千円〜1万円
  • 休憩室係員 3千円〜5千円
  • 公営火葬場職員 原則不要だが受け取る火葬場もある

あいさつ回り

  • 世話役 5千円から一万円 御車代として渡す
  • 世話役代表 1万円〜2万円
  • 隣近所 菓子折り、ビール券 2千円〜3千円程度

その他

故人名義の緒貯金を引き出す

死亡した時点で、預貯金は、遺産となり、遺族が勝手に引き出せなくなる。
生前に引き出しておく。
死亡しても銀行はわからないから、口座がすぐに凍結されないが、後日相続人と揉めることがあるので、注意が必要。

遺品整理

遺品の量が多い。遠方に住んでいる場合など遺品整理業者に依頼する場合があります。

  • 作業員2名 6万円〜
  • 作業員3名 18万円〜

国民健康保険、後期高齢者医療制度からの「葬祭費」

亡くなった方が、国民健康保険、後期高齢者医療制度に入っている場合は、葬祭費として、5万円が支給されます。支給額は、お住まいにより異なります。

生命保険の受け取り

生命保険は、請求しないと受け取れません。親が、加入している生命保険を事前に確認しておく必要があります。また、死亡保険金は、死亡後3年以内に請求しないと受け取る権利がなくなります。

まとめ

葬儀に費用を概算まとめました。約200万円前後の費用が必要になりますので、死亡保険などで対応できるように準備が必要です。

また、墓の購入費、法要が、葬儀の後に別途必要となってきます。

タイトルとURLをコピーしました