スポンサーリンク

ヒメシャラを自己流で剪定してみました

この記事は約1分で読めます。

年末に、庭の庭木の手入れをお願いしている植木屋さんが、腰を痛めて、庭木の剪定手入れに入れませんでした。剪定をしないと、枝葉が伸び放題、日当たり、風通しが悪くなり、庭木の成長を阻害するだけでなく、のびた枝が、ご近所さんの迷惑なります。

さて、素人の私でも、庭木の剪定ができるでしょうか。

ヒメシャラの剪定は、12月からの冬季がベストだといわれています。

中略

ヒメシャラの剪定方法として主にあげられるのが「透かし剪定」です。透かし剪定とは、不要な枝や長すぎる枝を切り落とし、全体的な木の密度を下げる剪定方法をいいます。剪定の際には、形がいびつな方向に曲がっていたり、ほかの枝に絡みついていたりなど、「ほかの枝の生育を邪魔する枝」を取り除くことが必要です。

生活110番HPより

全体を間引くような剪定をしてみました。問題は、上の枝の届くような梯子がないため、一番上の部分はパスさせてもらいました。2時間ぐらいかけて、仕上げた結果は

このようになりました。混み合っていた小枝を落とすぐらいでやめました。さて、春になって、芽吹いてくれるでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました