スポンサーリンク

マイナポータル、マイナポータルアプリ、マイナンバーカード、マイナポイントこれって何?

今月末より、マイナポイントの申し込みが始めるが、マイナと名前がつく、マイナポイント、マイナポータル、マイナンバーカード、マイナポータルアプリとたくさんあってわかりにくい。簡単に解説しておきましょう。

まずは、マイナンバーカードから。

マイナンバーカード

マイナンバー(個人番号)が記載されている顔写真付きのカードです。カード自体は、本人確認のための身分証です。マイナンバーカードが、保険証の代わりになったり、将来は、運転免許証の代わりになります。また、マイナポータルにログインするときに使われます。

以前は、通知カードというものがありました。通知カードは、令和2年5月25日に廃止されました。

マイナポータル

マイナンバーカードを使って、

  1. 行政手続きができる。
  2. 自身の所得・地方税、行政からのお知らせなど、必要な情報をいつでも確認できる。
  3. e-tax、ねんきんネット等の外部ウェブサイトとつなぐことで、個別のIDやパスワードを入力することなくログインできる。

例えば、1.行政手続きでは

  • 保育施設等の利用申込
  • 児童手当等の現況届
  • 要介護・要支援認定の申請

2.情報確認では

  • 本人の所得及び個人住民税に関する情報(例年7月頃までに更新)
  • 公的年金の年金資格記録情報、年金支払額や振込予定日等の給付情報
  • 生活保護に関する情報(支給開始年月日、生活保護の支給額、就労自立給付金・進学準備給付金の支給情報等)

などです。

マイナポータルアプリ

マイナンポータルアプリとは

  • マイナンバーカードを読み取るために必要なソフト
  • PCでマイナポータルを利用するとき、QRコードを読み込み
  • 電子申請を行う際、電子署名の付与を行う

です。

スマートホンにダウンロードして使います。ICカードリーダーが不要になります。

マイナポータル
マイナポータル
開発元:デジタル庁
無料
posted withアプリーチ

マイナポイント

マイナポイントとは、マイナンバーカードの普及を促進するため、PR活動です。総額2万円分のポイントが付加されます。現金ではなく、電子マネー、クレジットカード、QRコードなどで使えるものです。申請期限がありますので注意が必要です。

対象者申し込み開始申請期限マイナンバーカードの申請期限ポイント
マイナンバーカードを取得された方のうち、マイナポイント第1弾に申し込んでいない方2022年1月1日2023年2月末2022年9月末5,000円相当
マイナンバーカードの健康保険証としての利用申込みを行った方2022年6月30日2023年2月末2022年9月末7,500円相当
金受取口座の登録を行った方2022年6月30日2023年2月末2022年9月末7,500円相当

まとめ

マイナンバーカードとマイナポータルアプリで、マイナポータルへログインする。この3つの連携は、下図となります。マイナポイントは、マイナンバーカードの推進のための活動である。

マイナンバーカードは、身分証として機能し、将来は、カード類が、マイナンバーカードと紐つけられ、全てをマイナンバーカードだけで済ませる時代が来るかもしれない。マイナポータルへは、個人情報が集められていき、それを活用して、便利になるが、その裏には、情報漏洩というリスクも伴うことになる。

マイナポータルとマイナンバーカードとマイナポータルアプリの関連図
タイトルとURLをコピーしました