スポンサーリンク

サザンカ・ツゲの自己流剪定第2弾

この記事は約2分で読めます。

ヒメシャラに続き、「サザンカ」と「ツゲ」の自己流剪定をしてみました。

今年は、植木屋さんに剪定をお願いできそうもないので、ヒメシャラに続いて、「サザンカ」と「ツゲ」を剪定してみました。

サザンカの剪定時期は、3月から4月で、サザンカは剪定の適期でも、強剪定をすると枯れる恐れがあります。剪定はやりすぎると取り返しがつかないので、サザンカの場合は混み合った枝や傷んだ枝、伸びすぎて樹形を乱す枝などに限定して切り落とす、透かし剪定に留めましょう。

Green Snap strore hpより

とのことですが・・・・、ばっさりと切ってしまいました。もしかすると、枯れるリスクがあります。

ツゲの剪定は、6月と9月に行うのが一般的です。6月は新芽の成長が落ち着くため、剪定に適しています。深く刈り込んでも新芽が出てくるため安心です。

ミツモア hpより

といことで、剪定する時期ではありませんが、こちらも少しばかり、伸びた枝をチョッキンしてしました。ツゲは、形を整えた程度ですので、問題ないでしょう。

剪定時期を外したことが、どのように影響するか・・・。少し心配です。

昨年は、植木の剪定代金として、数万円を支払っていました。今年は、梅、ヒメシャラ、サザンカ、ツゲの剪定は、自前でやりましたので、節約できました。残っているは、生垣のツゲだけです。こちらは、6月ごろにやってみる予定です。

タイトルとURLをコピーしました