スポンサーリンク

年金を繰り下げると医療費は増える?

年金の繰り下げることにより、年金が増えますが、医療費は、増えるのでしょうか。

実際支払う医療費

年間医療費の負担割合を掛け算して、実際の支払う医療費を計算する。例えば、後期高齢者の場合、1割負担では、9.3万円、2割負担では、18.6万円、3割負担では、27.9万円が、実際に支払う年間医療費となります。

年齢年間医療費1割2割3割
国保前期65歳以上75.4万円15.08万円22.62万円
国保後期70歳以上83.5万円16.7万円25.05万円
後期高齢75歳以上93.0万円9.3万円18.6万円27.9万円
年間医療費:厚生労働省の統計「国民医療費」より

繰り下げによる年金増分と医療費負担割合

年金繰り下げ

年金を1ヶ月繰り下げると、年金は、0.7%増える。1年繰り下げると、年金は、8.4%増える。

医療費負担割合

年収負担負担
200万円以上2割負担
382万円以上3割負担

試算結果

ケース1 65歳 175万円(年金平均月額146,262円✖️12)

繰り下げ年齢65歳66歳67歳68歳69歳70歳
繰り下げ年数0年1年2年3年4年5年
年金額(年額)175万円189.7万円204.4万円219.1万円233.8万円248.5万円
年金増分014.7万円29.4万円44.1万円55.8万円73.5万円
国保前期負担割合3割3割3割3割3割3割
国保後期負担割合2割2割2割2割2割2割
後期高齢負担割合1割1割2割2割2割2割

ケース2 65歳 200万円

繰り下げ年齢65歳66歳67歳68歳69歳70歳
繰り下げ年数0年1年2年3年4年5年
年金額200万円216.8万円233.6万円250.5万円267.2万円284万円
増える金額0万円16.8万円33.6万円50.5万円67.2万円84万円
国保前期負担割合3割3割3割3割3割3割
国保後期負担割合2割2割2割2割2割2割
後期高齢負担割合2割2割2割2割2割2割

ケース1の場合、2年繰り下げを行うと、年金が200万円をオーバーするため、後期高齢の医療費負担が2割負担となり、医療費は、9.3万円増える。年金増分は、29.4万円のため、医療費増分以上に年金がもらえる。

ケース2の場合は、年金が200万円をオーバーしているので、後期高齢の医療費負担が2割負担となっているので、繰り下げにより、医療費が増えることはない。

まとめ

今回試算したケース1のように、繰り下げによる年金増えることにより、医療費は増える場合があるので、注意が必要です。また、年金支給額が増えると、所得税、住民税が増えるので、繰り下げによる効果は、減ります。

資産を切り崩して、年金を繰り下げた方が良いかは、個人個人で考えましょう。

タイトルとURLをコピーしました