スポンサーリンク

定年後の働くための3つ+1つの条件とは

この記事は約2分で読めます。

「定年後も働き続けるために、今できること3つ+1つ」という記事を読む。

3つ+1つのこと

この記事によれば、60歳以降も働き続けたい人が考える、定年後に働き続けるためには、

  1. 資格の取得
  2. 人脈つくり
  3. 体力つくり
  4. ストレスレス

が必要だというアンケート結果だ。

資格取得

前向きに捉えれば、勉強を続けることはよいことだ。

具体的には、税理士、行政書士、介護福祉士、社会保険労務士、宅地建物取引主任者、ファイナンシャル・プランナーなどである。

資格があるからといって、それがビジネスにつながるわけもなく。

「なんのため」の資格を取るかを明確にする必要があります。戦略が必要でしょう。

人脈つくり

定年後に仕事は、取引先の人、知人が一番多いそうです。

条件のよい仕事は、表にはでないため、ハローワークに通っても、満足のいく仕事にはつけないようです。

私の身近でも、定年後、嘱託での再雇用を選択せずに、定年前よりも稼いでいる人は、すべて、知人のコネ入社である。

体力つくり

体力つくり=健康でしょう。資格があって、仕事を世話してくれる人脈があっても、健康を害して働けないのらば、意味がないのである。

この3つの中で、健康が重要なのである。

この記事にあるように、健康診断を毎年受けることは、当たり前である。

さらに、毎日運動を継続するべきだ。

食生活は、食べ過ぎず、バランスを考えた食生活が大切だ。

毎日、ファーストフードでは、60歳になる前に、あの世へ旅立ちだ。

ストレスレス

資格、人脈、体力に一つ加えるならば、ストレスレスだろうか。

現代は、ストレス社会、ストエスありきの環境で、ストレスレスになるには、ストレスを感じないことだろう。何があっても、動じない強靭なハートが必要なのだ。

ストレスに負けないとは、自分に負けないことだ。ストレスレスになれば、どんなことにも、きっとチャレンジできるし、失敗しても、気にならない。

まとめ

60歳以降も働きたい人の3つの条件は、とてもいいことだと思う。

まだ、遅くない、60歳になる前に、この3つ+1つのスキルをみにつけよう。

タイトルとURLをコピーしました