スポンサーリンク

2022おひとりさまに必要な老後資産

過去に、おひとりさまに必要な老後資産の記事をアップしました。今回は、総務省統計資料の資料の最新版に基づき、支出を見直して、おひとりさまに必要な老後資産を再検討してみました。

65歳以上おひとりさまの支出

総務省の2021年家計調査によれば、65歳以上のおひとりさまの家計支出は、約15万円です。内訳は、以下を確認してください。2019年の同調査によれば、約15万円でしたので、2年で支出が多少減りました。

項目2021年2019年差異
食費36,972円35,883円1,089円
住居13,310円12,916円394円
光熱・水道12,741円13,055円-314円
家具・家事用品5,264円5,681円-417円
被服・履き物3,341円3,659円-318円
健康医療8,765円8,455円310円
交通・通信13,905円13,117円788円
教育7円47円−40円
教養娯楽13,004円16,547円-3,543円
諸雑費14,085円14,366円-281円
使用不明金31円0円31円
交際費15,170円15,258円-88円
仕送り614円569円45円
税・保険12,300円12,053円247円
149,509円151,596円-2,287円
総務省統計局 2021年家計調査

おひとりさまの年金

令和2年度厚生年金保険・国民年金事業の概況より、サラリーマンの方が加入する厚生年金と自営業の方が加入する国民年金は、以下のようになります。

厚生年金保険 146,146円

国民年金 56,252円

ずばり、必要な老後の資産は

146,146円ー149,509円=-3,363円の不足となります。

男の平均寿命は 81.47 年、女の平均寿命は87.57年です。65歳から年金を受給すると仮定し、23年間の不足額は、3,363×12×23=928,188円・・・・これが生活するために必要な老後資金となります。

これは、平均値です。平均値は、万人に当てはまりません。個人個人で、支出内容が異なります。約 92万円は、最低限の数字となります。

生活必要な支出は、家計簿をつけてみることをお勧めします。ただ、家計調査より支出が多いばあいには、節約を考えましょう。

年金受給額は、年金ネットで調べましょう。

突発費用の見積もり

生活に必要な支出の他に、緊急で必要となる費用があります。例えば、

  • 介護
  • 医療

などです。突発費用を生活費の以外で、介護費用600万円、医療費100万円程度を準備しておいた方が良いでしょう。

まとめ

老後に必要な資金は、2000万円、1億円などと言われています。平均レベルでは、100万円ぐらいでした。突発費用をどれくらい見込むか、または、突発費用は、保険として準備しておくほうが得策かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました